日本語教師になる方法

<PR>
短期間の授業で日本語教師になれる!
指導力の高さをすぐ実感!

日本語教師の仕事について

勉学

日本語教師とは

日本語教師は、名前の通りに外国の方に日本語を教えるお仕事になります。そのため、日本語教師は海外の方とコミュニケーションをしながら仕事をしたいという人には最適な職業です。最近では、全国各地で日本語学校やスクールが開設されていて、数多くの方が日本語教師を目指しています。

活躍できる現場

日本語教師が活躍できる現場というものは、基本的に国内の学校やスクールになります。しかし、人によっては海外の大学で働いている方もいれば、アジアの発展途上国で子供達に日本語を指導している方もいらっしゃいます。

必要な資格

日本語教師は肩書きは教師ですが、国家資格は特に必要としていません。ただし国内で日本語教師として働くには「日本語教師としての指導力」と「日本語に関する正しい知識」が必要とされます。そのため、日本語教師養成学校に通う方も多いのです。

日本語教師を目指す

将来的に日本語教師を目指すなら、養成学校に通うことを検討するといいでしょう。養成学校では、様々なコースがあり、日本語教育能力検定を取得できるコースや420時間で日本語教師のノウハウを学ぶことができるコースなどがあります。

日本語教師に関する疑問

日本語教師に必要なスキルは?

日本語教師を名乗るのに必要な資格は特にありませんが、働くのに「日本語教育能力検定」を取得しておくことをおすすめします。その理由は全国にある多くの学校が日本語教師の採用基準にこの資格を設定しているからです。

常勤の仕事はあるの?

この日本語教師という仕事の多くは非常勤としての採用がほとんどになります。もちろん、学校によっては常勤の仕事もありますので、安心して下さい。ただし、常勤は競争力も高いので、実力が必要になってきます。

月々の給料は安いの?

日本語教師の仕事は毎月安定した収入を得られるわけではありません。一般的な仕事内容の時給としては、1800円から2000円程度と言われていて、複数の学校を掛け持ちしている方も中にはいらっしゃいます。しかし、常勤になれば、それなりの収入を得ることは可能です。

日本語教師に誰でもなれる?

日本語教師を目指すのは特に、難しいことではありません。しかし、日本語教師には日本語をきちんと海外の方に教える必要があるので、コミュニケーション能力と指導力が必須になってきます。もしも、日本語教師を目指したいなら養成学校に行くことがおすすめです。

なぜ、養成学校で学ぶ必要があるの?

もちろん、独学で日本語教師になる方もいらっしゃいます。しかし、養成学校では正しい日本語を学べるだけでなく、指導のノウハウを身につけることが可能です。そのため、養成学校に通うことをおすすめするのです。

日本語教師に関する記事

レディ

本格的に学校で学ぶ

日本語教師を目指しているなら、養成学校に通うことをおすすめします。養成学校では様々なコースがあり、自身に合ったコースを見つけることができます。また、レッスンの時間も自身のスケジュールに合わせることができます。

READ MORE
勉強道具

海外で日本語教師として働こう

海外で日本語教師として、働きたいという方はこちらを見ておきましょう。海外で働くにあたって、必要なものや海外の求人について詳しく説明しています。また、どの点が海外の方に教えるのが難しいかも、紹介します。

READ MORE
勉強

日本語教師になるなら通信講座

日本語教師になるための通信講座があるのをご存知でしょうか。通信講座では、わざわざ学校に行かなくても自宅で自身のペースで勉強することができます。また、通信講座なら学校に通うよりもお得に勉強することができます。

READ MORE
広告募集中